NPO-NHAについて

■設立の目的

 世界保健機関(WHO)が定めるとおり、健康とは、肉体的に健康であると同時に、精神的にも健康でなくてはなりません。
 広く世界に目を向けた時、「ハーブ」は人間の生活の中に取り入れられ、ともに歩んできた歴史を持ちます。科学が進むことにもより、疾病の予防や身体の改善ばかりでなく、精神的な改善や充足などに取り入れられてきております。
 この「ハーブ」に関する正しい情報、世界の動き、先端の研究情報、生活の中での活かし方の情報などを広く提供することにより、誤った使い方を排除し、広く健康的な生活を実現し、福祉の一助となりたい。あるいはこの活動が、疾病の予防に役立つことにより、社会的な経済負担を軽減することに貢献したいと考え、当協会は設立されました。
 広く一般の人々に対してのみならず、研究者、教育者、事業者などに情報提供活動、調査研究活動、教育・育成・啓発活動、国際交流活動に関する事業を行い、わが国において広く保健・医療・福祉の向上に寄与することを目的としています。


■事業内容

  • 認定スクールなどでインストラクターを対象にしたトレーニングを行う教育・育成事業の啓発を行う啓発事業。
  • 情報誌の発行やホームページなどを通じて広く情報を提供する情報提供事業。
  • 国内外の情報を収集し、調査や研究を行う調査研究事業。
  • 国際シンポジウムの開催や国際的な人材交流、情報交流を行うなどの国際交流事業。
  • その他、この法人の目的を達成するのに必要な事業。

■協会の概要

名 称:

特定非営利活動法人 日本ハーブ振興協会 (NPO Nippon Herb Association 略称:NPO-NHA)

所在地:

〒170-0013

東京都豊島区東池袋2-23-2 UBG東池袋ビル4F
TEL 0120-802-459

FAX 0120-936-110

設 立: 平成12年11月

 


■協会の活動

 

認定スクール制度

NPO-NHAの認定インストラクターを育成するスクールで、ガイドラインに沿ったカリキュラムで学習されているなどの条件を満たしたスクールを、認定スクールとして認証します。 認定スクールは、当サイトに掲載されます。 認定を希望される場合は、事務局までお問い合わせください。

 

資格・検定制度

健康に過ごすための幅広い知識を広く正しく伝える能力を持った方を認定するために、資格・検定制度を実施しています。

 

  • 『Professional Adviser of Herb [ PAH ] 』
    ハーブの知識や使い方などを適切にアドバイスできると認められた方に与えられる資格です。
  • 『Herbal Food Organizer [ HFO ] 』 
    料理などを通じて食の知識や使い方を適切にアドバイスできると認められた方に与えられる資格です。
  • 『Herbal Aroma Creator [ HAC ] 』
    アロマに関する知識や使い方を適切にアドバイスできると認められた方に与えられる資格です。
  • 『Herbal Food Meister [ HFM ] 』
    ハーブを通して、食に関する体系的な知識を身につけ、人々にとって健全な食を提案できると認められた方に与えられる資格です。
  • 『Professional Instructor of Herb [ PIH ] 』
    ハーブに関してその知識や使い方を専門家として指導できると認められた方に与えられる資格です。
  • ハーブ地域普及員
    地域活動にボランティアとして参加したいという市民に対し、情報やノウハウの提供を円滑に行う。
  • 日本ハーブ検定
    自分自身のため、身近な人々とともにハーブを楽しむための初心者向けの内容です。
  • メンタルハーブ検定
    ハーブやアロマの作用の一つである“メンタル”の部分に注視した検定試験です。

 

各種イベント・セミナー開催

協会員および一般の方々を対象に、各地で様々なセミナー及びイベントを開催しています。

 

情報の提供

情報誌および当ホームページにて『各資格認定試験制度の試験詳細』、『各種セミナー及びイベント開催情報』、『資格認定スクールの一覧』、『会員専用サイト内での各種情報提供』などをご紹介しています。

 


■プライバシーポリシー

プライバシーポリシー詳細は こちら からご覧ください。


■入会のご案内

NPO法人日本ハーブ振興協会では、協会の活動、目的にご賛同いただける方々のご入会をお待ちしております。