材料-2人分-
ご飯・・・茶碗2杯分

(合わせ酢)
酢・・・大さじ4
砂糖・・・大さじ1

塩・・・小さじ1/3
酒・・・大さじ1
ハーブソルト・・・1g
みかん(L)・・・2個
三つ葉・・・4本
れんこん・・・50g
エリンギ・・・1/2本

(付け合せ)
味付けメンマ・・・4~5本

 
 
■作り方
合わせ酢を作りハーブソルトを加えて1時間位休ませる。
みかんは皮と薄皮を剥く。
れんこんとエリンギは細かく刻み薄味をつけておく。
三つ葉は熱湯をかける。
合わせ酢を茶漉しで濾してハーブを取り除く。ここへ皮を剥いたみかんを入れて味をつける。
飾り用のみかんを残してご飯に混ぜ、れんこんとエリンギ、三つ葉の刻んだものを混ぜる。(三つ葉は一本、飾り用に残す)
お皿に寿司を盛り付け、上にみかんを並べ、三つ葉を結んで載せる。
みかんは、缶詰のものより生を使う方が香りが良い。
中に混ぜる具は何でも良いが、水分が多いものは避ける。
お寿司の味がやや薄いので、アクセントに塩気の多いものを添えると良い。
メンマのほかにザーサイや奈良漬などもあいます。
 

←No.51タラとじゃがいものグラタン

No.53鶏肉の松風焼き→
 
★これまで掲載したレシピの一覧はこちらから★
 
※レシピ提供:国際パティシエ調理師専門学校(NPO法人日本ハーブ振興協会法人会員)