特定非営利活動法人 日本ハーブ振興協会   メンバーズサイト
ホームへもどる
ショップ
ガーデン
サロン
仕事
スクール
イベント
インフォメーション
アロマテラピートリートメント
日本ハーブ検定
NPO-NHAについて
会員制度のお知らせ
資格認定制度について
認定スクールについて
イベント・セミナーレポート
団体・法人会員一覧
リンク集掲載の募集
講師派遣をご検討されている方へ
お問い合わせ
資格認定制度について

NPO法人日本ハーブ振興協会では、健康に過ごすための幅広い知識を、 広く伝える能力を持った方を認定するために、5種類の資格認定制度を実施しています。

 
資格の概要
【資格会員】
 
PAH

ハーブを自分自身で使うときや、家族や周りの人たちに楽しんでもらうときに、より安全に正しい情報を伝えられ、知識や使い方などを適切にアドバイスできると認められる方に与えられる資格です。ハーブの普及などのために、アドバイザーとしての役割を担えると期待されます。

 
HFO

料理などを通じて、自分自身で実践するときや、家族や周りの人たちに実践する中で、ハーブの使い方、知識などを正しく、楽しく、より安全に実践できる、あるいは伝えることができる、適切にアドバイスできると認められる方に与えられる資格です。

 
HAC

ハーブの領域の中でのアロマ(芳香)に関することを中心に、正しい知識、使い方などを広く伝える能力・知識を持ち、適切にアドバイスできると認められた方に与えられる資格です。

 
ハーブを通して、各国の食文化や栄養、食の安全性などの食に関する体系的な知識を身につけ、食の本質、重要性を正しく理解し、自らの実践のみならず、人々にとって健全な食を提案できると認められた方に与えられる資格です。
 

ハーブに関して、広く、正しく、安全な活用ができる知識や使い方などを、専門家として指導できると認められる方に与えられる資格です。PAH資格取得者が受験できる上級資格です。

【ボランティア会員】
 
国民の健康志向や環境維持の意識が高まりを見せる中で、地域活動にボランティアとして参加したいという市民に対し、情報やノウハウの提供を円滑に行う。
 
【ハーブ検定会員】
 
ハーブをもっと身近に、気軽に学ぶためにハーブについての初歩的知識を得て、自分自身のため、身近な人々とともに楽しむための初心者向けの内容です。
 
ハーブやアロマの作用の一つである“メンタル”の部分に注視した検定試験です。ハーブとメンタルの初歩的な関係を理解し、ご自身の“気付き”やご家庭、職場等でのより良い関係作りにもお役立て下さい。
 
公開試験
  PAH HFO HAC HFM PIH
開催時期 毎年3月、7月、11月ごろ
開催都市 東京、大阪
選考方法 学科試験
PAH:選択30問(5者択一)および記述式の筆記試験
HFO・HFM・HAC:選択30問(4者択一)および記述式の筆記試験
一次試験:学科、記述式および小論文
二次試験:実技・面接
試験期間 60分(各PAH、HFO、HAC、HFM) 120分(PIH一次)
受験料 8,000円(各PAH、HFO、HAC、HFM) 一次試験:20,000円
二次試験:30,000円
入会金 10,000円(初年度のみ) なし
年会費 12,000円
受験資格 どなたでも受験できます。 PAH資格取得者
申込方法 協会ホームページから願書を出力されるか、公開試験スケジュールの申込フォームからお申込みください。 協会ホームページから願書を出力されるか、事務局までお問い合わせください。
※ 2007年10月1日より会員登録制度が変更になります。
 
  ハーブ地域普及員 日本ハーブ検定 メンタルハーブ検定
開催時期 毎年3月、7月、11月ごろ
開催都市 東京、大阪
選考方法 学科試験
選択30問(4者択一)
および記述式の筆記試験
学科試験
選択35問(4者択一)
試験時間 45分
受験料 5,000円
入会金 なし
年間登録料 3,000円
受験資格 どなたでも受験できます。
申込方法 協会ホームページから願書を出力されるか、公開試験スケジュールの申込フォームからお申込みください。 検定申し込みフォームからお申し込みされるか、事務局までお問い合わせください。
 
 
受験の流れ

PAH、HFO、HFM、HAC資格取得までのフロー

資格取得フロー
 

PIH資格取得までのフロー

PIH取得フロー
 

ハーブ地域普及員/日本ハーブ検定/メンタルハーブ検定資格登録までのフロー

 
 
協会の活動

各科目に、資格取得のためのガイドラインを定めています。ガイドライン詳細及び過去出題例はPDFファイルをダウンロードの上、ご覧下さい。

 
  ガイドライン項目 詳細PDF
PAH
1、ハーブ各論
2、ハーブの概略的な歴史
3、 ハーブが活用されている フィールド
4、代表的な使われ方の知識

5、ハーブの取扱についての知識
6、 ハーブを使う場合あるいは応用する場合の知識

★認定公開試験過去出題例

詳細PDF
HFO

1、 食として使われるハーブの基礎知識[全60種類]
2、食とハーブの歴史的な関わり
3、食のなかでのハーブの効用

4、分類別の代表的調理法とレシピ
5、食の安全性
6、食と栄養
★認定公開試験過去出題例
詳細PDF
HAC
1、精油各論[30種類]
2、 アロマテラピーの概略的な 歴史
3、 トリートメントと精油活用の フィールド
4、精油学総論

5、アロマテラピーのメカニズム
6、解剖生理学概論
7、クオリティー・オブ・ライフ論

★認定公開試験過去出題例

詳細PDF
HFM
1、食に活用されるハーブの基礎知識[100種類]
2、世界の食文化とハーブ
3、食におけるハーブ活用法
4、症状・病気別にみたハーブの作用・効能
5、ハーブと食の安全性
6、栄養基礎知識
★認定公開試験過去出題例
詳細PDF
PIH
1、ハーブ各論[110種]
2、ブレンドハーブ論
3、アロマテラピー概論
4、タッチ・トリートメント概論
5、ハーブ栽培基礎知識
6、ライフスタイルとハーブ製品
7、栄養素とフィトケミカル
8、ハーブクッキング
9、解剖生理学
10、クオリティー・オブ・ライフ概論
11、 ケースワーク・インストラク ションデモ
詳細PDF
  ガイドライン項目  
ハーブ地域普及員

1、ハーブの基礎知識
[15種類]
2、ハーブ概論
3、ハーブの利用

  4、ハーブの注意点
5、暮らしのなかでのハーブの具体的活用
詳細PDF
日本ハーブ検定
1、ハーブとは何か
2、ハーブの歴史
3、ハーブの基礎知識
[10種類]
  4、ハーブティーの基礎知識
5、ハーブの活用法
詳細PDF
メンタルハーブ検定
1、セルフケアの必要性、セルフケアの実践
2、メンタルケア
  3、ハーバルセラピー
4、ハーブ概論 [11種類]
詳細PDF
 

※ガイドラインは変更されることがありますので、ご確認ください。

 
Copyright © 2007 Nippon Herb Association. All rights reserved.